長野平青学園

歯科衛生士科

歯科衛生士とは

歯科衛生士の歴史

歯科衛生士は、1913年に米国でDental hygienistとして生まれたのが始まりです。
日本では、第2次世界大戦後、連合軍総司令部(GHQ)の指示により、日本の公衆衛生の改善を求め指導がなされ、検討が始まりました。
1947(昭和22)年、保健所法が改正されて、歯科衛生が業務に取り入れられるようになりました。業務内容は、歯科予防処置や歯科保健指導が主な仕事で、保健所で働くようになりました。1948(昭和23)年、歯科衛生士法が制定。
1955(昭和30)年、歯科衛生士の業務に、歯科診療の補助が加えられました。1989(平成元)年、歯科衛生士法の業務に「歯科保健指導」が加えられ、法改正により、歯科衛生士の活躍の場が広がり、現在に至ります。

お口の健康を手助けする「歯科衛生士」の仕事

  • 歯科予防処置

    歯石や歯垢を除去し、むし歯や歯周病などの病気を予防します。

  • 歯科保健指導

    ブラッシングの指導や食生活へのアドバイスを行い、お口の健康を通し、健康づくりのサポートします。

  • 歯科診療補助

    歯科診療がスムーズに行われるよう、歯科医師のサポートをします。

  • 口腔ケア

    高齢社会に対応し、看護・介護の現場で、口腔ケアや口腔機能向上のサポートを行います。

「歯科衛生士」の国家資格とは?

国家資格は、国が法律で定め、国や地方自治体などが認定する資格をいいます。歯科衛生士の国家資格は、「歯科衛生士法」に基づいて、厚生労働大臣が交付する免許で、永久資格です。資格取得には高校卒業後、歯科衛生士を養成する大学・短大または専門学校、専門養成施設で3年以上学ぶことが必要です。永久資格とはいえ、資格を取得できてようやくスタートラインです!生涯役立つ資格を活かすために、就職後も新しい知識を得るために毎日勉強するくらいの気持ちで歯科衛生士を目指しましょう。

歯科衛生士は生涯役立つ仕事

  • 歯の健康を守るやりがいのある仕事

    歯科医療において、歯科衛生士の仕事は重要な役割を果たします。そのため、やりがいも大きい仕事です。

  • 仕事と家庭の両立ができる仕事

    結婚後はもちろん、子育て後や、転居した先の再就職も有利。年齢に関係なく、女性が働きやすい場です。

  • 引く手あまたの仕事

    歯科医院・病院、介護老人保健施設、保健所など、活躍の場はどんどん広がっています。