長野平青学園

医薬サポート科

メディカルサポートコース

大切にしたいのは“あたたかな心”。医療機関の“かお”として信頼される人になろう

医療事務は、病院・診療所・歯科医院・調剤薬局・老人介護施設と広い分野で活躍できる職業です。仕事の内容は診療報酬明細書の作成から、受付・会計業務など多岐に渡ります。本コースでは専門知識とコミュニケーション能力を身につけ、情報システム化が進む医療業界で自信を持って仕事できるようなカリキュラムを組んでいます。気分や症状のさまざまな患者様を相手にする医療機関で、患者様はもちろん職場から必要とされるスタッフ育成に力を入れています。

  • 病院・医院医療事務
  • 歯科医院受付・歯科助手
  • 調剤薬局スタッフ
  • 看護助手
  • リフレクソロジスト
  • 医科医療事務管理士
  • 歯科医療事務管理士
  • 医療秘書2級
  • 医事コンピュータ2級
  • 歯科助手3級
  • 看護助手
  • 調剤事務管理士
  • CP技能認定試験ワープロ部門
  • CP技能認定試験表計算部門
  • ビジネス能力検定ジョブパス3級
  • ケアコミュニケーション
  • リフレクソロジスト

コースの
ポイント

  1. 気遣いと行動力を学ぶ

  2. 必須の専門知識と、将来プラスになる知識と技術を学ぶ

  3. 「地元の医療機関へ就職」を実現してきた歴史あるコース

主なカリキュラム

  • 基礎医学

    医療事務はカルテの内容を理解し、患者様の状況を把握して医療機関の中で連携がとれることが大切です。また、登録販売者は「人体のはたらきと医薬品」の分野が必要不可欠です。そこでメディカルサポートコース・健康アドバイザーコース共通に学ぶ分野として、テキストだけでなく人体模型を使いながら眼と肌で理解を深めていきます。

  • 基本マナー(ビジネスマナー)

    医療事務として就職して困ることは電話応対。卒業生が「この授業があったからよかった」「もっとしっかりやっておけばよかった」と口々に言います。基本的な病院の受付からクレーム対応・電話応対をロールプレイで身につけ、自信を持って働く力につなげます。

  • インターンシップ

    1年間学んだ医学知識や医療費計算などの処理や、患者様への対応の仕方などを、実際の病院・薬局で体験。現場の空気を知り、医療人としてのあり方を感じとり、これからの自分の就職を考えるきっかけになります。

インターンシップ

坂田美峰さんの場合
インターンシップ先 ㈱吉田薬局 りぼん薬局

りぼん薬局さんが用意してくれた、新しい白衣に袖を通すと、身が引き締まる思いがしました。お店の 掃除やお薬手帳のラベル張りなど、さまざまな経験をさせていただいた中で、最も心に残っているのが、「私服で待合の椅子に座わり、スタッフの仕事を見学させて頂いたこと」。お年寄りの患者さんには、隣に寄り添ってゆっくり丁寧にお話をする。インフルエンザの患者さんには、「お車でお待ちしていただいても大丈夫ですよ」と優しくお声かけする。素早く状況判断をしながら、しなやかに行動している様子が良く分かりました。これからは患者様へのホスピタリティを、しっかり学ぼうと思いました。

医薬サポート科

メディカルサポートコース 2年

須坂東高等学校出身

高木 里佳さん

Q1 平青学園の志望理由

バスケットボール部に所属していて、大会に出場した時にケガをしてしまいました。その時に病院の方から優しく声をかけていただき、人の役に立つ仕事に憧れを持つようになりました。進学をどうしようか悩んでいる時、インターネットの検索で長野平青学園を見つけました。その後学校説明会に参加し、さまざまな資格が取得できることや、先生たちの人柄に良い印象を持ち志望しました。

Q2 入学してよかったことは?

医療事務に関する資格だけではなく、ビジネスシーンに必要なワードやエクセル、ほかにもラッピングなど多岐に渡る資格が取得できることです。

Q3 どの授業が面白い?

①お花
フラワーアレンジメントを実際に制作するのですが、美しいお花を見て、触れて気分転換になります。

②基礎医学
高校までには学ぶことがない専門分野です。新しい知識を取得できるのが楽しいです。

③医療事務
医療機関が保険者に対して請求するレセプトの業務などを学びます。

Q4 EQの授業で役だったこと

1分程度のスピーチなどを行ううちに、人前で話すことに対して抵抗が無くなりました。また話す時には相手が聞き取りやすい速度や、声の大きさがあることを教えてもらい、意識するようになりました。

Q5 企業連携の授業、校外実習はどう?

病院やドラッグストアなど企業見学をすることで、その職業について詳しく学ぶことができました。

Q6 卒業後の夢は?

現在は主に医療事務を中心に勉強をしていますが、将来は先生と患者様の橋渡し役である病院クラークの仕事に就きたいと考えています。

Q7 日常学校生活(授業以外)で楽しいことは?

①友達と話すこと
②行事
③先生たちとの会話

Q8 就学支援制度(特待生制度・入学金免除制度・授業料免除制度))を知っていますか? これらの制度に関する感想は?

知っています。こういう制度があるからこそ志望できる人がいると思うので、良いと思います。

Q9 これから入学したい人にひと言

豊富なカリキュラムと、やる気次第でたくさんの資格が取得できる学校です。学校生活の中で自分の将来の可能性を考えられると思います。

医薬サポート科

メディカルサポートコース 1年

須坂東高等学校出身

瀧澤 萌香さん

Q1 平青学園の志望理由

医療事務の仕事に興味があり、高2年の時、学校説明会に来ました。2年間で専門的なことが学べること、多くの資格が取得できることに魅力を感じました。

Q2 入学してよかったことは?

医科医療事務管理士、医療コンピューター2級、医療秘書2級といった専門的な検定試験の他にも、エクセルやワープロ検定、ラッピング検定など、やる気さえあれば様々な資格取得のチャンスがあるところ。
私は、検定賞の対象となる診療報酬請求事務能力認定試験にも合格でき、文部科学省後援のビジネス能力検定では優秀賞を頂き、とても励みになりました。

Q3 どの授業が面白い?

①お花
11月はクリスマス用のフラワーアレンジを作りました。花を見て、触れて、季節を感じながら、リフレッシュできるので、毎回楽しみです

②医療事務
診療報酬明細書の作成から、受付、会計業務が主な仕事。情報システム化が進む医療業界で、自信をもって働けるよう、分かるまで丁寧に教えてもらえるところ。

③基礎医学
医療事務はカルテの内容を理解し、患者様の状況を把握することが大切。そのために人体模型を使って、人間の体の仕組みについて理解を深めていきます。「女性の体はエストロゲンホルモンで若さが保たれている」など、生きていく上で必要なことをたくさん学ぶことができます。

Q4 EQの授業で役だったこと

アルバイトの面接会場で、緊張のあまり頭の中が真っ白になってしまうような性格でした。EQの授業で、1分間スピーチを何度も行い、先生から的確なアドバイスを受けるうちに、人前で落ち着いて話せるようになりました。

Q5 企業連携の授業、校外実習はどう?

病院やクリニック、薬局へ校外学習に行きました。様々な気分や症状の患者さんと対応するには、今以上に高度なコミュニケーションと専門知識が必要だと思いました。

Q6 長野平青学園へ入学するにあたり迷ったこと、悩んだことはありますか?またそれをどう解決しましたか?

勉強についていけるか、女子が多いクラスでやっていけるかなど、入学前は不安でした。授業はゆっくり丁寧だから大丈夫。クラスメートともすぐに打ち解けて、不安はすぐに解消されました。

Q7 卒業後の夢は?

長野市内のクリニックか調剤薬局で働きたいと思います。いくつか実習をさせて頂き、自分に合った道を選びたいと思います。

Q8 日常学校生活(授業以外)で楽しいことは?

①友達とのランチタイム
②お世話になった外部の先生が学校へ来てくれた時
③休み時間の会話

Q9 就学支援制度(特待生制度・入学金免除制度・授業料免除制度))を知っていますか? これらの制度に関する感想は?

良い制度だと思います

Q10 これから入学したい人にひと言

履歴書がいっぱいになるくらい、資格がたくさん取れるのが魅力。常に目的をもって勉強できるので、辛さより達成感があって楽しい学校です。

写真でみる最新情報!

  • 実践!アロマセラピー

  • SBC信越放送見学

  • 入学オリエンテーション(ゲーム)

  • THE FUJIYA GOHONJIN 見学

  • さくらんぼ狩り

  • 春のお花に囲まれて

  • 和の作法を学習

  • バドミントン優勝!!

  • 血管造影検査室を見学

  • 調剤室見学

  • 6月のレクリェーション

  • BBQ!

  • オープンキャンパス医療事務模擬授業

  • 平青学園ボーリング大会

  • 電話応対の授業です。

  • 基本マナ-授業風景

  • 医薬サポート科2年生ボランティア③

  • 医薬サポート科2年生ボランティア②

  • 地域医療MAP作製中

  • 医薬サポート科お花見です

  • 基本マナ-

  • 病院見学

お知らせ

    お知らせはありません