長野平青学園

医薬サポート科

みなさんへのメッセージ

メディカルサポートコース 卒業

板倉レディースクリニック 勤務

倉島 瑠風さん

私は産婦人科の受付業務を中心に仕事をしています。医院に来られる妊婦の方やそのご家族とふれ合う機会が多いので、常に笑顔で接するよう心がけています。長野平青学園で学んだコミュニケーションやビジネスマナーなどの授業は、社会に出てとても役立ちます。また医療事務に関する授業以外に、生け花やアロマセラピーなど特徴ある授業も多く、楽しく学びました。医療事務は、県内外で活躍でき、長く働ける仕事だと思います。人が好きなら、ぜひおすすめしたいですね。

メディカルサポートコース 卒業

里島土屋薬局 医療スタッフ

倉島 紗也佳さん

授業は厳しかったですが、試験の2カ月前からクラスメイトと励まし合いながら一緒にがんばり、医療事務、医療秘書、パソコンなど資格をたくさん取ることができました。視野が広がり、仕事にも役立っています。卒業後の進路については迷っていましたが、実習先だった土屋薬局で働いた経験が活かせたらと卒業前に内定をいただくことができました。今は、患者様がお持ちになった処方せんを丁寧に受け取り、薬の入力や会計業務、薬剤師の補助などの仕事を任されています。薬の名前と成分を覚えるのが大変ですが、確実に知識を増やし、医療事務を任せてもらえる有能なスタッフになりたいです。

健康アドバイザーコース 卒業

アメリカンドラッグ飯山静間店 勤務

丸山 亜耶さん

登録販売者の資格を得て、現在は医薬品の案内を中心に、接客やレジなど仕事は多岐にわたります。また化粧品を扱うビューティー部門を担当しているので、その在庫管理や発注も行います。当社は「将来自分がどうなりたいか」目標を決めて研修会などに参加します。私は化粧品のスペシャリストになりたいと考えています。登録販売者は接客業なので、明るく、社交的な人が向いていると思います。

クスリのアオキ稲葉店 店長

中野 友起子

店長になって1年目、若輩者ではありますが、10代から40代まで20人のスタッフと共に働いています。今年の平青学園の実習生は、明るくかわいい女の子。気働きができるので、他のスタッフとすぐに馴染むことができました。「クスリのアオキ」は、薬はもちろん食品や日用品など品揃えの充実が特徴です。学生時代にはアンテナを高く広げ、色々なことに積極的に興味をもつことで、商品知識を深めて欲しいと思います。

(医)三浦医院 院長

三浦 靖雄

以前、ハローワークを通じて医療事務の職員を募集し、長野平青学園の卒業生を採用したのですが、応対がよく責任感もあり、いつも笑顔で、とてもいい印象を持ちました。そんな理由から、新たに医療事務の職員を採用する際は、直接長野平青学園に募集を出しています。
医療事務の基礎はもちろん、接遇もきちんと学んできているので即戦力として活躍してもらっています。この仕事は笑顔を忘れず、思いやりの心をもって患者さんに接することが大切です。そのためにもコミュニケーション能力をしっかり身につけてほしいと思います。

ウェルシア薬局若槻大通り店 店長

川上 典宏

医薬品登録販売者は、子どもからお年寄りまで、人々の健康を身近でサポートするのが務めです。当店では「地域密着のドラックストア」を目指し、お客様に元気になっていただけるよう、日々笑顔の応対を心がけています。また、当店は高校生のアルバイトから60代の薬剤師まで、幅広い年齢層のスタッフが共に働いているので、誰とでも気持ちよく会話ができるコミュニケーション能力が必要です。長野平青学園の実習生は、朗らかで責任感があり、接遇を学んでいるので、即戦力として働ける印象を抱いています。